記事一覧

地域カフェ ピリカ

 JR白石駅から北へ車で10分の静かな住宅街、普通の家の玄関先に営業中の旗が揺れていました。ガラス戸を開けると、賑やかな話し声と美味しそうなにおいがします。ここは地域カフェ・ピリカ。平成27年4月に、代表の牧野さんが仲間と立ち上げてボランティアと運営しています。地域の人が歩いて集まれ、お茶やランチしながら交流できる場として開いたそうです。
 月水金に出されるランチは、定食とおうどん。定食は魚と肉が交互にあり550円。この日は、さんまの洋風かば焼き、野菜天ぷら、五目高野豆腐の含め煮、サラダに、ごはんとお味噌汁、お漬物。メニューづくりと仕込みは、近所のプロの料理人の力を借りているだけあって、どれも美味しい。でも、ピリカの一押しはご飯。当日朝精米した道産米の五分づきご飯は、香ばしくて噛むほどに甘みが増してきます。昆布とかつおだしのお味噌汁も美味しく、とっても充実したお昼になりました。金曜日には、近くのパン工房の道産小麦のパンも販売しているとか。ランチのない火木は、趣味の会に利用されているそうです。
 のんびりとした牧野さんと、話し上手なスタッフや働き者のスタッフといると、カフェというより、親戚の家にいるような気持ちなってきました。
月水金11:00~15:00(ランチ12:00~13:00) 札幌市白石区北郷7条9丁目

ファイル 19-1.jpg

ファイル 19-2.jpg

ファイル 19-3.jpg