記事一覧

LCCをより快適にするための新千歳空港お役立ち情報

2012年、関西国際空港を拠点とする「PEACH」の参入を皮切りに、「エアアジア」、「ジェットスター」等のLCC・格安航空会社が日本にも本格的に参入しました。LCCの参入によって空路での移動はより身近なものになりましたが、一方で従来のキャリアとの違いに戸惑う人も多いようです。2012年に大規模リニューアルした新千歳空港は、空港設備はもちろんアミューズメント施設も充実しています。LCCを利用するときに役立つ情報を注意点も含めて紹介します。

・LCCの手荷物は有料
 LCCはさまざまな費用をなくすことで低価格となっているため、従来のキャリアとは違い座席指定から飲み物、毛布や音楽プレーヤーまで有料な場合が多いです。
 預ける手荷物は有料が多く、当日受付だと15㎏の荷物で2000円ほどの料金がかかります。新千歳空港では手荷物一時預かり・宅配便・ポーターサービスのカウンターが、国内線1F、国際線2F、3Fの3カ所にあります。帰る時には、ここから荷物を発送すると荷物を預けるのと変わらない料金で、荷物を待つ時間もなくとても便利。

・機内食には北海道グルメをテイクアウトで
 LCCでは飲食全てが有料となります。「エアアジア」では持込飲食の機内消費が禁止されていますが、「ジェットスター(アルコールは持込禁止)」、「PEACH」では機内に食べ物を持ち込めて、機内で買うこともできます。でも、新千歳空港には、北海道のグルメが勢ぞろいしているので、テイクアウトグルメをお勧めします。お店の多くにはテイクアウトメニューがあります。例えば、「回転寿司根室花まる」には、好きな寿司ネタを選んで、自分好みの海鮮丼を作れる「空丼コーナー」がおすすめです。「美瑛選果」は美瑛産農畜産物のアンテナショップでは、たくさんのコーンがぎっしりと入っているコーンパンが大人気。その場で焼いているので、時間が合えば焼き立てを購入することもできます。なかなかのボリュームで機内食にも最適。

ファイル 13-1.jpg


ファイル 13-2.jpg


・遅延や欠航の時は、おとなも子どもも楽しめるアミューズメント施設で
 LCCの最大の問題点は、少ない機体をフル稼働させることで生じる遅延や欠航です。そんな時には、アミューズメント施設で楽しんでしまおう。国内線ターミナルと国際線ターミナルをつなぐ連絡施設には「ドラえもんのわくわくスカイパーク」や、ぬいぐるみとふれあい遊べる「シュタイフ ネイチャーワールド」。他にも、工場見学やミュージアムを楽しめる「ロイズチョコレートワールド」などいろいろあります。4月~11月まで解放されている展望デッキからは、迫力ある飛行機の離発着を間近で見ることもできます。

ファイル 13-3.jpg

ファイル 13-4.jpg


・空港の温泉で旅の疲れをほぐす
 エアターミナルホテルの温泉や「万葉の湯」で、ゆっくり旅の疲れをほぐしてはいかが。万葉の湯は、翌朝9時までの営業で客室も完備した施設。万一、最終便が欠航になった時にも安心。

ファイル 13-5.jpg

・LCCで快適な旅をするためにも、事前の情報収集を忘れずにね!
 LCCを利用する場合は、「時間に余裕があること」が大事です。低価格でも十分な情報がなければ、従来キャリアと同じような費用になってしまうこともあり得ます。専用カウンターがない場合もあるので、自分のチケットのサービスや搭乗方法を、しっかりチェックして賢く使いましょう。

さくらんぼ狩体験

果物狩りは、とても楽しい体験ですね。少し時期遅れですが、7月のさくらんぼ狩りを報告します。場所は芦別市の大橋さくらんぼ農園。全天候型ドームテントなので、雨が降ってもOK。体の不自由な方や車いす専用のさくらんぼ狩りスペースもあります。もちろん、トイレも完備。真っ赤に熟したさんくらんぼの甘くておいしいこと。
 
ファイル 7-1.jpg

ファイル 7-2.jpg

近くの道の駅「スタープラザ」前には、農産物直売店やたい焼き屋さんもあって、とげが痛いくらい新鮮なナスや、いろんな種類のトマト、ミニトマト、レタス、メロン、スイカ、さくらんぼが並んで、お土産に目移りするくらいです。レストランに入ってびっくり、なんと天井はまるでプラネタリウムのよう。晴れていれば、山々の緑、もしかしたら芦別岳を望むことができたかも。残念!

ファイル 7-3.jpg

気を取り直して、芦別名物のガタタンを注文。なんと言っても、旅の楽しみは美味しいものが一番。ガタタンには、ラーメンや焼きそば、チャーハンと色々な食感や味があるらしい。ラーメンにした。メニューには「ようへいランチ」?「ようへい」は地元の有名人の名前とか。ローカルというか、何というか。。。

ファイル 7-4.jpg

お腹がいっぱいになったので、花ショウブ園を散歩。目と味覚で楽しめる芦別体験でした。(あやの記)

ファイル 7-5.jpg

おとなのケチャップ 「なつのケチャップ」

ファイル 5-1.jpg

北海道にも本格的な夏がやって来ました。いきなり猛暑なので、体調が心配ですね。夏ばて防止の食材といえば、真っ赤に熟れたとまと。では、トマトケチャップと聞くとどんなことを連想しますか。ふわふわのオムライス、お子様ランチ。先日、道産品商談会でおとなの味のケチャップを見つけました。まるでトマトソースのような、でもトマトの甘さはしっかりしていて、とまとを食べている感じ、いつものパスタやオムライスをぐんと引き立たせてくれそうです。その名は、「なつのケチャップ」

このケチャップを開発したのは、小樽市内のレストランシェフで、商品化まで3年かけたとか。余市町や仁木町の契約農家のミニトマト「アイコ」だけを使い、知恵を絞って作り上げた逸品です。
トマトは夏ばて美肌保持効果もあるとか、この夏を元気に過ごしたいですね。
商品取り扱い場所:洋食堂なつ家(小樽)、道産食彩HUGマート他
価格 980円
詳細は、http://www.umaissho.jp/name/p0122.htm

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ