記事一覧

ふぞろいの北の野菜と果物を応援する会(通称;ポロの会)

長さ50mのトマトのハウス内で、もくもくと草取りをしている男性達、背丈以上に伸びたトマトの木で何か作業している女性がいた。みんな、援農ボランティア活動をしているポロの会のメンバー。この日の作業はトマトの雑草取りと芽かき。
トマトの実を大きく美味しくするために、本枝の脇から出た脇芽をとる作業が芽かき。脇芽といっても、本枝と区別がつかない太いもののある。2mにもなる木が倒れないように張っている紐を確かめながら、1本1本注意して芽かきをする。ハウスの窓は開けているがかなり蒸し暑く、外より5度くらい気温が高いという。休憩と水分補給をして、再び作業を続けていた。(7月中旬撮影)

ファイル 22-1.jpg

ファイル 22-2.jpg

ファイル 22-3.jpg

ファイル 22-4.jpg

札幌市南区では都市近郊農業が行われ、果樹や数多くの野菜が栽培されています。しかし、農産物のかなりの部分が「規格外」となり流通していない問題がありました。これを知ったポロの会は小さな八百屋を始め、農産物を選別しないで消費者に買ってもらう活動を始めました。今では、生協などが協力し「ご近所野菜」として扱うようになり、規格外農産物の問題は随分解消するようになりました。
しかし、もう一つ大きな問題がありました。農家の高齢化で働き手が少なくなり、それが離農の大きな要因となっていることです。安全・安心で、美味しい作物を作るのが農家の願いですが、現実には手が回らず農産物供給の支障となっていたのです。
ポロの会は、消費者ができる農作業に協力しようと、賛助会員や一般の方の応援を得て「援農ボランティア」を始めました。作業は、平日や土曜日の朝8時半から数人で行っています。援農先は、札幌市南区八剣山の麓の農家数軒。未経験でも体力があれば、できることはありそうです。ブルーベリー、アスパラ、トマト、玉ねぎ、豆、さくらんぼ等の育つ様子を知ることもできます。(連絡先 札幌市南区川沿12条5丁目7-13南さん FAX 011-572-9336)