記事一覧

おとなのケチャップ 「なつのケチャップ」

ファイル 5-1.jpg

北海道にも本格的な夏がやって来ました。いきなり猛暑なので、体調が心配ですね。夏ばて防止の食材といえば、真っ赤に熟れたとまと。では、トマトケチャップと聞くとどんなことを連想しますか。ふわふわのオムライス、お子様ランチ。先日、道産品商談会でおとなの味のケチャップを見つけました。まるでトマトソースのような、でもトマトの甘さはしっかりしていて、とまとを食べている感じ、いつものパスタやオムライスをぐんと引き立たせてくれそうです。その名は、「なつのケチャップ」

このケチャップを開発したのは、小樽市内のレストランシェフで、商品化まで3年かけたとか。余市町や仁木町の契約農家のミニトマト「アイコ」だけを使い、知恵を絞って作り上げた逸品です。
トマトは夏ばて美肌保持効果もあるとか、この夏を元気に過ごしたいですね。
商品取り扱い場所:洋食堂なつ家(小樽)、道産食彩HUGマート他
価格 980円
詳細は、http://www.umaissho.jp/name/p0122.htm