記事一覧

ごみ処理見学会に参加して

ゴミ処理施設見学会(札幌市リサイクルプラザ宮の沢主催)に参加してきました。同施設を出発し、リサイクルプラザ発寒工房、そして山口処理場を見学して、再びリサイクルプラザ宮の沢に戻り見学して解散というコースです。当日は途中から雨、イイ天気だったら、ちらほら桜が咲いている市内を見るのは気持ちよかっただろうな、残念。

【①リサイクルプラザ発寒工房 ―大型ごみを見事に蘇らせる職人集団】
ここでは、家庭から出たリサイクル希望の大型ゴミの修理などを行っています。修理前後を比べられる家具は、塗装が禿げて見るからにボロボロのベンチが修理後にはピカピカでした。参加者はびっくり。「あまり手間やお金をかけずに、良いものを作れるように心掛けている」とのことでした。
ファイル 12-1.jpg

修理された家具等は厚別リユースプラザとリサイクルプラザ宮の沢で販売されています。自転車も修理後販売されます。自転車は一度すべて解体してから、パーツの錆を取り除いたり、直したりしてから再度組み立てているそうです。さらに完成後、資格を持った自転車屋さんが点検して「TS」マークをもらうので、安全性もバッチリ!!
 工房では障がい者の雇用に力を入れているとのことで、専門職の経験が長いシルバー(65歳以上の方)さんが障がい者をサポートしながら、みなさんで働いているそうです。全く経験のない障がい者でも、2年程経験を積むとすっかりプロの手つきになるそうです。
ファイル 12-2.jpg

【②山口処理場 ―ガラスや陶器など燃えないごみや産業廃棄物は環境に配慮して処理】
続いては手稲区にある山口処理場。敷地内にあるのは広大な埋め立て地と水処理場です。埋め立て地ではガラスや皿などの自己搬入ゴミ、ガラスクズや陶磁器クズ、石工ボードなどの産業廃棄物、焼却灰などを受け入れ、埋め立てが終わった後は36ha程の緑地公園になる予定だそうです。
 埋め立て地は、地中に遮水シートが張られていて敷地内の汚水は一切外に出ないような構造になっています。汚水は水処理場へ集められ、回転円盤法(回転する円盤の一部を汚水に他方を外気に触れさせることによって円盤の表面にバクテリアの幕を作り、汚水の有機物を分解させる方法)で処理された後、沈殿、滅菌されて川へ戻すとのこと、環境に対する配慮もしっかりされているんですね。
ファイル 12-3.jpg

【③リサイクルプラザ宮の沢 (URL http://www.sapporo530.or.jp/) ―お値打ちのリサイクル家具や暮らしに役立つ情報がいっぱい】
帰りは、リサイクルやごみのクイズをしながらリサイクルプラザ宮の沢に到着後、各コーナーの説明を受けました。リサイクル家具が陳列されています。買い方は入札方式なので、必ず欲しいものが買えるわけではありませんが、ピカピカのお値打ち家具がたくさんありました。自転車は人気だとかすべてに入札が入っていました。壊れたおもちゃを直してくれるコーナーや、ゴミの分別コーナー、ゴミの堆肥化資料もあり、暮らしに役立つ情報がたくさん集まっている場所です。講習会や地域交流の場としても開かれていますので、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
ファイル 12-4.jpg
ファイル 12-5.jpg

【ごみは出したら終わりではないよ、その先を考えてみよう! 】
 今回のツアーを通して、生活していく上で全くゴミを出さないことは難しいですが、リサイクル手段を考えたり、減らす努力をすることで、みんなが暮らしやすいまちづくりを意識することが重要であり、また自分が出したゴミがどのような経路で処理場に運ばれるのか、どのように処理されるのか、「出したら終わり」ではなく、その先を考えてゴミを出すということが大切だと考えるようになりました。私もダンボールで生ごみ堆肥をつくってみようかな!

札幌市防災センター

札幌市民防災センターを体験してきました。この施設はいろいろな災害の模擬体験をしながら、防火・防災に関する知識や、災害が発生したときの行動を学ぶための施設です。 http://www.city.sapporo.jp/shobo/tenji/gaiyou/index.html
ファイル 11-1.jpg

1階には、実際に使用されていたはしご車の一部が展示されており、運転席に乗る事ができます。玄関右手には、東日本大震災のパネル展や、日本で起きた大きな地震の一覧が掲示されています。世界の救急車一覧が地図と写真付きで説明されており、救急車の利用料金や、呼んでも来るのが遅いなどといった、各国の救急車の豆知識を知ることができます。
ファイル 11-2.jpg

「地震体験」では、震度3から震度7までの揺れを体験できます。震度7では東日本大震災の揺れや、札幌で地震が起きた想定の揺れなど選ぶことができます。
津波や土砂災害、都市型水害などの3D映像が21分程流れます。なぜ津波や土砂災害が起きるのかを、CGや実際の映像を交えて教えてくれます。札幌には豊平川と石狩川が流れているので、大雨で水害になる恐れが高いそうです。
2階には、防護服や非常食、救命道具などが展示してあり、家庭での備えの参考になります。
ファイル 11-3.jpg

暴風体験や消火体験、煙避難体験などいろいろな体験コーナーがあります。救急救命体験では、マネキンにAEDを使用して、心肺蘇生の救急体験ができます。
ファイル 11-4.jpg

さっぽろスィーツまつり

少しずつ秋らしくなっている札幌です。秋といえば美味しい食べ物。札幌にはスィーツさんがたくさんあります。遅くなりましたが、8月に開かれた札幌スィーツまつりをご紹介します。パティシエが作る様子や、「これもお菓子!」なんびっくりする作品もあって、目にもお腹にもうれしいイベントでした。

ファイル 10-1.jpg


ファイル 10-2.jpg


ファイル 10-3.jpg


ファイル 10-4.jpg

災害図上訓練DIG(子ども編)

子ども会で災害図上訓練DIGやまち歩きの研修を実施し、災害に備えて「自分は何ができるか」を考えてみました。

●子供部屋の安全チェック
・倒れそうなものを固定しよう
・高い所にものを置かない
・家具が倒れてこない所で寝よう
・夜寝ているときに、地震が起きたら、ふとんをかぶって身を守ろう
・寝る前に部屋を片付けよう

ファイル 9-1.jpg

●災害図上訓練DIG(想像編)
「もし、大きな地震が起きたら、自分はどうするか」を想像してみよう。

ファイル 9-2.jpg

●災害図上訓練DIG(地図編)
地図を使って、避難場所や病院、緊急貯水槽などを確かめ、危険な場所や避難経路を考えてみよう。


ファイル 9-3.jpg


●まち歩き
地図の避難経路を歩いて、避難場所や危険な場所を確認してみよう。冬の避難も想像してみよう。

●まとめ
自分が助かったら、家族や近所の人に何ができるかを考えてみよう。お年寄りや障がいのある人に、何かできることはあるかな。
「車いすを押してあげる」、「大きな声を避難を教えてあげる」、「避難場所まで連れて行ってあげる」などの意見がでました。

ファイル 9-5.jpg

マンションDIG(災害図上訓練)

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpg

災害が続きますが、防災対策は行っていますか?当研究所では、地図を使う災害図上訓練DIGという防災研修を、町内会などで実施しています。今回は、マンションでの防災対策を考えてみましょう。

<マンションにおける地震の影響>
1.高層階、特に15階以上では揺れが大きい。
2.出口は一か所なので、閉じ込められる恐れがある。
3.雪のある冬はベランダが使えないかもしれない。
4.停電になると、エレベータやオートロック、給水が止まるかもしれない。

もしも、震度6規模の揺れが起きたら、直後にとる行動として、「ガスなどの火の確認」と「出口の確保」の意見が多く出されています。少し時間が経つと、「室内の被害の確認」や「エレベータや屋外の様子をみる」という意見が出てきます。さらに、マンション図面を見ながら、次のような問題を確認しました。

<災害時の問題>
1.高層階の住民や高齢者は、水運びや情報収集が難しい。
2.救助のための防災資機材がないので、救助が難しい。
3.水や食糧など備蓄品がないので、各自で準備しなければならない。
4.普段お付き合いが少ないので、安否確認に時間がかかる。

建物の構造にも影響されますが、いざという時には上下や横のお付き合いが大切になるのではないでしょうか。

さくらんぼ狩体験

果物狩りは、とても楽しい体験ですね。少し時期遅れですが、7月のさくらんぼ狩りを報告します。場所は芦別市の大橋さくらんぼ農園。全天候型ドームテントなので、雨が降ってもOK。体の不自由な方や車いす専用のさくらんぼ狩りスペースもあります。もちろん、トイレも完備。真っ赤に熟したさんくらんぼの甘くておいしいこと。
 
ファイル 7-1.jpg

ファイル 7-2.jpg

近くの道の駅「スタープラザ」前には、農産物直売店やたい焼き屋さんもあって、とげが痛いくらい新鮮なナスや、いろんな種類のトマト、ミニトマト、レタス、メロン、スイカ、さくらんぼが並んで、お土産に目移りするくらいです。レストランに入ってびっくり、なんと天井はまるでプラネタリウムのよう。晴れていれば、山々の緑、もしかしたら芦別岳を望むことができたかも。残念!

ファイル 7-3.jpg

気を取り直して、芦別名物のガタタンを注文。なんと言っても、旅の楽しみは美味しいものが一番。ガタタンには、ラーメンや焼きそば、チャーハンと色々な食感や味があるらしい。ラーメンにした。メニューには「ようへいランチ」?「ようへい」は地元の有名人の名前とか。ローカルというか、何というか。。。

ファイル 7-4.jpg

お腹がいっぱいになったので、花ショウブ園を散歩。目と味覚で楽しめる芦別体験でした。(あやの記)

ファイル 7-5.jpg

札幌は、実は玉ねぎ産地

3月下旬なのにまだ寒い日が続いていますが、震災の被災者を思うと辛抱できます。北海道の春は、野菜が足りない季節。でも、札幌は実は玉ねぎ産地。玉ねぎについて、ご紹介します。家にある玉ねぎを少し見直してみませんか。

<明治初め、札幌で日本初の玉ねぎ栽培>
玉ねぎは北海道が国内生産量第一位で、札幌では農地の約15%が玉ねぎ畑といわれています。明治4年頃、紀元前のエジプトやヨーロッパで栽培されたたまねぎの種子が札幌に到来し、札幌官園で試作されたのが日本で最初の玉ねぎ栽培といわれ、明治13年頃現在の札幌市東区で本格的に始まったといわれています。

ファイル 6-1.jpg

<品種は、札幌黄>
札幌で初めて栽培されたといわれるのが「札幌黄」。玉ねぎの中でも唯一「種とり」ができる品種だそうです。北海道では約13品種の玉ねぎがあります。

ファイル 6-2.jpg

<栽培、出荷>
 2月頃から、黒ゴマのような種を機械で育苗ポットに植え、外はまだ雪が積もり寒いので、ビニールハウスを暖かくし大切に育てます。雪が融けた4~5月位に、苗を畑に植えます。
6月には雑草を取り、その後は玉ねぎを傷めるので草取りは行わず、6月末から7月には病気予防のため農薬を薄めて撒き、8月になると根切をして枯らせてから収穫します。畑で大きなコンテナ(1コンテナ約1200㎏)で乾燥させた後、9月~10月に機械で選別して出荷します。品種によっては、お盆頃から新たまねぎがお店に並び始めます。

おとなのケチャップ 「なつのケチャップ」

ファイル 5-1.jpg

北海道にも本格的な夏がやって来ました。いきなり猛暑なので、体調が心配ですね。夏ばて防止の食材といえば、真っ赤に熟れたとまと。では、トマトケチャップと聞くとどんなことを連想しますか。ふわふわのオムライス、お子様ランチ。先日、道産品商談会でおとなの味のケチャップを見つけました。まるでトマトソースのような、でもトマトの甘さはしっかりしていて、とまとを食べている感じ、いつものパスタやオムライスをぐんと引き立たせてくれそうです。その名は、「なつのケチャップ」

このケチャップを開発したのは、小樽市内のレストランシェフで、商品化まで3年かけたとか。余市町や仁木町の契約農家のミニトマト「アイコ」だけを使い、知恵を絞って作り上げた逸品です。
トマトは夏ばて美肌保持効果もあるとか、この夏を元気に過ごしたいですね。
商品取り扱い場所:洋食堂なつ家(小樽)、道産食彩HUGマート他
価格 980円
詳細は、http://www.umaissho.jp/name/p0122.htm

傘布リサイクル講座

古くなった傘をどうしていますか?ごみに出す?まだまだ活用できる方法があるんです。

壊れた傘や古くなって使わなくなった傘を集めて、その傘布から、エコバックやこれからの季節に便利な敷物など行楽グッズを作るという、とてもユニークでアイディアたっぷりの講座が開かれていました。

作り方を簡単に説明します。
①「つゆ先」といわれる傘の先をハサミなどでとると、傘布だけになります。②傘布の先についている金具をはずし布だけにします。③講師の先生の巧みな技術で素敵なマイバックが出来上がりました。
ファイル 4-1.jpg

バックや敷物は、傘の防水性や傘布の組み合わせでいろいろなデザインができるという楽しさもあり、とても感動的な発見でした。
ファイル 4-2.jpg

ECOカフェ(北4西15)にて

中高年が中高年を応援するフリーペーパー『らいあ』

【中高年が読みたくなるフリーペーパーがほしい】
 「札幌にはフリーペーパーがたくさんあるけど、若い人や女性向けで、中高年が読みたくなるフリーペーパーはないね。」と、ある日、印刷会社経営者が同年代の仕事仲間に話しました。それを聞いた一人が、「自分達で作ってみよう。」と、やはり同年代の印刷編集仲間3人に呼びかけて、フリーペーパー『らいあ』を作ることになりました。
ファイル 3-1.jpg

『らいあ』とは、ライフ(LIFE)とアゲイン(AGAIN)を合わせて作った造語「人生、再び」
 十分な意欲と少々の不安が入り混じった中、編集会議を繰り返す中で、コンセプトは「中高年の快適な暮らしを応援する読み物を中心とした生活情報誌」に決まりました。
ファイル 3-2.jpg

【2010年1月創刊号完成】
 2010年1月、創刊号(A4版カラー8p季刊無料)が完成しました。冬のおしゃれ、ワインの楽しみ方、健康、住まいなど、中高年世代が健康で快適な暮らしを送るための情報が読みやすく紹介されています。5月に出された第2号はB4版と大きくなり、「さっぽろ今昔ものがたり」や「さっぽろ今昔クイズ」「カントリーダンス」などさらに充実しました。紙面作りには、創刊号で呼びかけたボランティアも加わり、「ママの愛情レシピ」、「入れ歯の話」などの記事が誕生しました。クイズ応募はがきには、「楽しみしている」「応援してます」の声が寄せられ、取材依頼の問合せも来ているそうです。
ファイル 3-3.jpg

(札幌市内の配布場所;市内まちづくりセンター、地区センターの一部、ホワイト急便(クリーニーング150店舗)、ノルデン薬局(30店舗))